RSS | ATOM | SEARCH
現場報告:だんだん畑に立つ家:玉川町
 現場報告:だんだん畑に立つ家:玉川町

気がつくと、
建前時の報告以来暫く現場の状況を報告していませんでしたね。



現在は、工事も順調に進み
屋根工事・サッシの取り付け等終わりました。





また、施主さん立会いの下
コンセント・照明のスイッチの位置・エアコンの取り付け位置・インターホンの位置・TV・電話・パソコンの位置 等々

具体的に現場で位置を示し確認作業も終了し
現在配線工事を行っています。

この現場にて具体的に確認するという作業はとても大事です。

何故ならば、設計時でも打ち合わせにより施主さんんと使い勝手等考慮し決めるわけですが、実際の現場においては少々不都合のところがあったり、またさらに別のところの方が便利であったりという場合も出てきます。

それは、現場で具体的に見るからこそ距離感や広さ感がわかり、実際の使いやすさが肌で感じることができるからです。

実際今回も数か所、変更いたしました。



また、同様に外部のアルミサッシに取り付けるガラスの種類( トーメイかそうでないか )も、発注する前に現場にて周りの状況を具体的に見て施主さんと再確認し最終決定をし取り付けました。

これも大事なことで、
お隣さんとの窓の位置関係等を具体的に確認することでお互いにプライバシー等を邪魔することなく快適に生活する上で必要な確認作業ですね。

今回は設計通りで大丈夫でした。



ただ上記の理由ではないのですが開口(サッシ)を追加することにいたしました。



設計時には取り付ける予定はなかったのですが、現場で見ると「ここに窓があったら気持ちいいだろうな・・・」 と思うところを発見!

施主さんに提案下ところ、「それはいい・・・」ということで実施することになりました。

そこは、昼間は一日中青空だけが見え、夜になったら星空が何も邪魔されず見える場所です。三角の部分です。トーメイのペアガラスを入れます。





また現在私の特徴でもある、方杖の工事も始まりました。







今後は室内の断熱工事に入っていきます。

お知らせ
9月上旬ころに現場にて、現場勉強会を開催する予定です。

目的は、完成してからでは見ることが出来ない大事な部分をあなたにお見せし・お伝えすることです。
そして、あなたの今後の家造りのお役に建ててもらえば嬉しく思うからです。




author:井上昌樹 (ウッディー), category:現場報告, 08:48
comments(2), trackbacks(0)
Comment
現場合わせで三角ガラスを入れるのは素敵ですね。
ちょうど東面になるのでしょうか?
立地面からもかなりのランドマーク的な建物に仕上がるようで楽しみです。
miya, 2009/08/23 7:43 AM
miyaさん 
おはようございます (笑)
いつもコメント有難うございます。

そうですね、この建物はまさに段々畑を造成したものですから、お立ち台の上に立っている感じですからランドマーク的になるかもしれませんね…

ただ、廻りは自然が豊かで特に、水田に囲まれていますので、出来るだけ高さを抑えて、景観の邪魔にならないように配慮しているつもりです。

色使いも、白い壁に木そのもののナチュラルな色だけで仕上げます。
ウッディー, 2009/08/26 9:18 AM









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。