RSS | ATOM | SEARCH
新プロジェクト:今治の家・光と風をつかまえる現代和風の平屋
新プロジェクト:今治の家
 光と風をつかまえる現代和風の平屋



瓦が葺き終わりました。
屋根の60%くらいが瓦葺き。

  P1020875.jpg




      P1020865.jpg

      軒先に伸びる瓦屋根の下の空気の採り入れ口。
      これが涼しく住むにはとても大事。

      屋根を留める下地の下には高さ4cmの空気の流れるトンネルがある。
      そのトンネルとこの空気の採り入れ口は繋がっている。
                  そして屋根の一番高いところの棟から自然に排出されるようになっている。

      それは瓦が太陽であつくなりその熱せられた熱(空気)が、
      室内に伝わる前に自然に外に排出する仕組みである。
      涼しく住まうポイント。


      P1020870.jpg

      高窓の取り付く開口。
      奥に光を届かせると共に室内の夏場の熱い空気を排出する。
      
 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:現場報告, 19:32
-, -
新プロジェクト:千葉県袖ケ浦市の2階でワクワクと広々遊ぶ家
新プロジェクト:千葉県袖ケ浦市の家
2階で楽しくのびのび走り回れる家


少し時がたってしまった出来事。

千葉県袖ケ浦市での設計監理。

地元今治ではない今までで一番遠く離れた地での設計監理。

設計段階でも何回も袖ヶ浦に足を運び施主さんとの打合せを行い
今までは何の問題もなく当初からここまで来た。

いよいよ工事も始まり、
先月3月26日にも建前のために袖ケ浦市の現場に向かった。
あいにくの雨もぱらつく真冬のような寒い日だった。

成田空港からの現場までの道中、期待と不安の気持ちで一杯だった。
初めての地。初めての地元の工務店さん。
十分つくり手に説明が行き届いているのだろうか…
思いをお伝えすることができているのか…
私の責任だ。

現場についてほっとした。心躍った。
まだ途中だがイメージ通りに進んでいた。
嬉しい。工務店さんのお陰だ。

  IMG_0434.jpg


      IMG_0411.jpg

  
   IMG_0419.jpg


   IMG_0426.jpg


      IMG_0424.jpg




      IMG_0431.jpg
               この土の道。隣地の進入路。
                 なんとなくほっとする。
                      大好きな道。
                何故かトトロを思い出す。

   IMG_0420.jpg



まだまだ、建物の全景ではない。
メインの2階のウッドデッキがまだ今からだ。
楽しみ。

   P1020753.jpg
                   ただ設計変更で階段はない。

  

  






 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:現場報告, 11:29
-, -
新プロジェクト:光と風をつかまえる現代和風の平屋の家
新プロジェクト:今治の家
 光と風をつかまえる現代和風の平屋



ブログをチョットお休み?させていただきましたが、
不定期ながら、また現場報告させていただきます。

現在は解体も終わり先日棟上げ(建前)も無事済ませたところ。

  P1020846.jpg

  P1020839.jpg


      P1020852.jpg


               P1020833.jpg



前回の報告よりだいぶ時間があいたので少しおさらい。

この住宅は今治市内中心部に位置している。
街中であるため隣接する建物の高さも高く囲まれた状態であった。
また、解体前の建物は大きく古い形式の間取りのために
各部屋に光が入りずらく風通しも悪いものであった。

ゆえに希望も
明るく風通しの良い気持ちのいい家。
平屋でゆったりとした暮らしができる家。
現代和風の家。
であった。

そこで
東面、南面に高窓を設置し出来るだけ住宅の奥に光が届くような工夫をおこなう。

スケッチ断面.jpg



  P1020800.jpg


  P1020802.jpg



  
  P1020870.jpg
        長く横長の開口部に全てではないが窓が入る。
        そこからは光が入り青空が見える。
        きっと気持ちいい・心地いい空間を創ってくれる。



  P1020867.jpg
                     ここには丸窓が入る。   
  
  

 

   
 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:現場報告, 21:15
-, -
プロジェクト:IH有料老人施設
プロジェクト:IH有料老人施設 in今治
  <有料老人ホーム&デイサービス>

工事も順調に進み仕上げ工事を急ピッチで行っています。

写真では雰囲気はあまり伝わらないかもしれませんが
(私の写真のウデの問題…)
内部は全体が柔らかで落ち着いた雰囲気でまとまりつつあります。

利用者さんも穏やかに生活出来る感じがします。



P1010958.jpg


P1010960.jpg



           P1010954.jpg



P1010949.jpg



 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:現場報告, 17:10
-, -
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治
  <佳境に入った内装工事>


◆玄関ホールの天井の竿縁を
    加工するための”刃”を特製する。

訪問いただく人を
より温かく優しくお迎えさせていただけるように…

玄関ホールの天井に工夫をいたしました。

天井の仕上材はご希望でもある全面杉の網代張り。
無垢の杉で編み込むこれだけでも
優しさ温もりは感じられる。

でもさらに竿縁の形状を工夫することで
より網代が引き立ち優しさ・温もりが増すはず。

との想いから
通常の直線形状の竿縁ではなく
写真のような丸みをもった形状を造ることとした。

でも、この形状は加工する ”刃” から造らなくて
はなりませんでした。




P1010816.jpg



P1010817.jpg



P1010819.jpg



P1010791.jpg

やはり直線の中に曲線が入るとより優しさが醸し出されますね。 
まだ途中ですが、全面張れるのが楽しみです。



◆玄関ホールや廊下に面した飾り棚下地
   P1010678.jpg


   P1010677.jpg


   P1010679.jpg
          早く左官塗りの仕上げが見たい。
   
author:井上昌樹 (ウッディー), category:現場報告, 19:05
-, -
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治
JUGEMテーマ:アート・デザイン
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治
  <外壁、漆喰塗の工程>

現場報告。

外壁は漆喰塗。
その工程を示した見本塗をつくり建て主さんに説明させて頂く。

塗り壁で特に注意したいのがひび割れ。
そのため下地のモルタルにWメッシュ・立骨を入れ
また仕上げの漆喰塗の下地のも全面にメッシュを入れ
二重の防止策を施すこととする。

          P1010674.jpg





P1010802.jpg
モルタル塗りはすでに施し、現在漆喰塗の下地を塗っている。
その中にメッシュを塗り込いでいる。
ひび割れ防止に必要なこと。



P1010798.jpg



P1010807.JPG
      まだ下地の段階とは言え漆喰の雰囲気は出てきた。



P1010627.jpg
                 モルタル下地の状態の時



今、少々熱っぽい状態。
少々早い時刻ですが、今から家に帰り横になります。

今インフルエンザが流行しているとのこと、
あなたもお身体大事にしてください。

では  また

     ありがとうございます。
      
      井上昌樹/トス設計

      

 



 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:現場報告, 16:09
-, -
新プロジェクト:IH有料老人施設
新プロジェクト:IH有料老人施設 in今治
    <有料老人ホーム&デイサービス>
 
         みなさま
   新年あけましておめでとうございます。
    本年も宜しくお願い申し上げます。


さて、老人施設も
順調に工事も進み外壁の仕上げもほぼ終わりかけています。

ただ、養生ネットが全体に張り巡らせているため、

残念ながらまだ外観はお見せすることができません。

内部は各部屋の間仕切り壁の下地を作っています。


   P1010699.jpg



   P1010701.jpg

この季節、現場は暖をとることは出来ず非常に寒いですが、
各職人さんが厳しい中一所懸命に仕事をして頂ています。

ありがたい思い出で一杯です。
author:井上昌樹 (ウッディー), category:現場報告, 14:54
-, -
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治


現場報告です。
外部はモルタル塗りの上漆喰塗です。
そのモルタルにひびが入らないようにWラスの下地も終わり
モルタルを塗り始めました。



P1010627.jpg
             外部の写真は現在ではなく少し前のものです。



P1010629.jpg




P1010647.jpg
全面漆喰塗でかなりの面積もあり左官さんも気遣うところです。





内部は仕上げ工事も進んでいます。
天井の仕上げも今回は色々な仕上げをしています。




P1010642.jpg
  これはふた間続きの和室の天井です。
  竿縁天井です。伝統的な仕上げです。
  四角い穴には照明器具を設置します。




P1010643.jpg
  これはシンプルに敷き目板張りです。




    P1010645.jpg
  これは和室と庭を繋ぐ回廊の天井。
  竿縁天井に傾斜をつけたものです。
  直角に折れ曲がった部分がとても綺麗です。


まだ工事途中で今回はお見せできませんが、
広い玄関ホールは網代天井にしています。
特に通常と違う竿縁を特別に造っているので楽しみです。

 ありがとうございました。

 井上昌樹/螢肇浩澤
author:井上昌樹 (ウッディー), category:現場報告, 22:04
-, -
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治 仕口
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治
 
”仕口”

現場打合せの時に職人技を拝見しました。

まだこの時点では刻みの途中ですが、
これは玄関の”かまち”部分の加工です。

”かまち”というのは玄関床から土間に降りる部分の床の先端の見切り角材。
どこの家にもついています。

ただ今回の”かまち”は単純にまっすぐではなく、
玄関が広いため、直角に折れ曲がったり45度で曲がったりと
少々複雑な形をしています。

そこでまっすぐな材料を通常通り取付のではなく、
折れ曲がりの部分で部材を繋ぐ必要があります。

しかも長年経っても隙間があくようでは困ります。
また勿論釘なども見せるわけにはいきません。

そこで今回のような複雑な材料の加工(きざみ)をしています。

この材を積み合わせた後、裏からくさびを打ち
材と材が自然に締まるようになっています。

P1010415.jpg



P1010420.jpg



P1010419.jpg

大工さんの経験からくる仕事・わざ はすごいですね。

 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:現場報告, 21:24
-, -
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治
JUGEMテーマ:アート・デザイン
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治

先日、施主である住職さんと工事責任者及び棟梁と
4人にて床柱選びにいってきました。

P1010370.jpg


P1010371.jpg
これらもやはり現物を見ながらの選択が必要です。

また現場では、
庫裏のLDK部分の床暖房パネル工事も終わり、
その上に床板の張り込みを行っています。
P1010374.jpg
床暖房により板の伸びちじみが起こるために、
板一枚一枚に微妙な紙一枚分位の隙間を開けて張り込みます。
張る季節によっても微妙に必要な空きが違います。
大工さんの経験値によるところが大きいです。

きっちり隙間なく張り詰めると、
湿気が多い時期に板が伸び、板と板が押し合い山のように
三角形に盛り上がってしまう場合もあります。


では 今日はこの辺で
   
         ありがとうございます。

          井上昌樹/螢肇浩澤
  

         





 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:現場報告, 18:53
-, -