RSS | ATOM | SEARCH
新プロジェクト:店舗付き二世帯住宅 ”暗”から”明”を創り出す

 

新プロジェクト#140店舗付き二世帯住宅・ 今治市

 

   ”光と風を採りこむ家” 

         ”暗”から”明”をつくりだす

 

 

 

 

既に工事は始まっている。

 

 

 

 

 

  正岡邸東170913.jpg

 

 

 

 

このプロジェクトは今治市の中心部に位置し

古くなった建物を取壊しての建替え。

 

物販の店舗と二世帯が住むための併用住宅である。

 

 

 

 

  正岡邸北170913.jpg

 

 

 

 

街の中心部であるため東側の大きな通りに面する以外は

隣の建物がギリギリ建っている。

 

建て替え前はどの部屋も暗くじめじめと風通しも悪い

状態だった。

 

また小売り店舗空間と親子二世帯の住空間とが

機能的にうまく結びついていない状態だった。

 

小売りには家族全員が関わっている。

日中は祖父母様も毎日店舗に手伝いに来られる。

そして夕食時には三世代が集う。

 

 

 

 

 

    ゆえに、

    建物のテーマ

 

 

    いかに ”光と風を採り入れ快適な空間” をつくるか

     特に ”暗”から”明”をつくりだす 

 

 

  

    また  ”店舗と住空間”

        ”親世帯の住空間” と ”子世代の住空間”

        ”祖父母とのかかわり”

        ”内部と外部空間・自然とのかかわり”  等の

 

 

        ”心地よいつながり・つなぎ” をいかにつくりだせるか。

 

         しかも ”つながり” と同時に大前提として

         それぞれの空間はそれぞれを使う人が

         それぞれに快適で心地よいものでなければならない。

 

        そこには

        ”目に見えるつながり” ”目に見えないつながり”がある。

 

        結構タフなテーマだ。

 

 

 

 

 

具体的な解決策の形として

建物の中心に大きな通り土間空間を築ける。

その空間にて店舗部分と住空間部分を明確に切り分ける。

 

同時にその土間空間の中に親子二世帯の別々の入口(小玄関)

及び店舗へ続く入口を設けた。

 

共通の収納スペースも確保した。

機能的なつながりがそこにはある。

 

 

 

この通り土間空間の先には建物をえぐり取り

青空の望めるテラスを設けている。

 

 

   そこは周辺外部からはどこからも見えない。

 

   ただ 上から 光と風 を頂くだけ。

 

 

 

四角に切り取られた空間からは

いつも青空と星空が誰にも邪魔されず見ることができる。

 

その空の色、空の高さからは

朝夕と四季の時間の移ろいをも感じさせてくれる。

 

 

 

テラスと通り土間の空間は単に機能的な利便性だけではなく

光・風・青空・星空 と 自然とつながることで、

そこに集う人々の心に快適さと心地よさを

プレゼントしてくれることだろう。

 

 

 

 

このテラスだけでは実際には光が奥まで届かないところがある。

 

 

   今回は”暗”から”明”を創り出すために

   色々な工夫を試みる。

 

 

窓からの光は期待できない。

 

 

二階の屋根からの光を採り入れる。

更には二階の床をガラス床としてその光を一階まで届ける。

 

 

上からの明るさは小さな開口部でも想像以上に空間を明るくしてくれる。

 

 

手前の明るさよりも奥に見える明るさは、

感覚的により明るく感じさせてくれるものだ。

 

同時に空間の広がりも感じさせてくれる。

 

 

 

 

工事は着々と進んでいるが

どれだけイメージ通りに光と風が届いてくれるものか。。。

 

楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:井上昌樹 (ウッディー), category:プロジェクト, 18:40
-, -
新プロジェクト:今治の庫裡・書院建替え
新プロジェクト:今治の庫裡・書院建替え


寺院建築は前回昨年春完成した同じく書院庫裡の建て替え以来3件目である。

今回は今治市の中心部近くに位置している。
周辺には店舗や住宅が密集している。
下の図で真ん中の建物が書院・庫裡で今回工事中のもの。左が本堂。

 
イラスト正面.jpg

建替え前の建物は陽も風もあまり入らず、またとても湿気が多くじめじめしたものだった。
また書院と庫裡(住居部分)が明確に分かれておらず子供室もない
大変住みにくいものだった。

そこで今回は広めの廊下を隔て書院部分と庫裡部分を明確に別け
生活動線を明確にシンプルにした。

また建物を建てられる部分の敷地面積はあまり広いものではないため
寝室・子供室等2階に配しプライベートゾーンとも明確に生活空間を分けた。

また2階の廊下床を透明強化ガラスとしガラス廊下とし。
1階の家族室に光を取り込む工夫をしている。


工事は既に始まり解体工事、地盤改良工事は終了している。
現在は基礎工事に入っている。


     IMG_0460.jpg
     地盤改良工事



  P1020873.jpg
  捨コン工事
      この下には土中からの湿気を防ぐための
      防湿シートが全面敷き詰められている。

 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:プロジェクト, 20:54
-, -
新プロジェクト:2階でワクワクと広々遊ぶ家in千葉県袖ケ浦市
新プロジェクト:千葉県袖ケ浦市の家
2階でワイワイガヤガヤと楽しく気持ちよく暮らせる家




P1020753.jpg



この家は千葉県袖ケ浦市の郊外の住宅地に位置している。
そんなに家が込み合っている場所ではない。
ただ前面道路はちょっと狭い。

始めて敷地を見に行った時は
成田空港から袖ケ浦市に向かった。
途中緑が多かった。

袖ケ浦市に入っても,
郊外にはなだらかな斜面に畑が広がっていた。
畑の緑も太陽からの沢山の陽できらきらと光っていた。
爽やかな風も吹いていた。

車で走りながら「なんか 気持ちいいなぁ〜」と嬉しくなった。

そんな第一印象の土地柄らだった。

のびのびと気持ちよく暮らせる家が提供したいと思った。


行って初めて知った。
驚いた。

羽田空港からアクアラインを走りリムジンバスで30分位で着いてしまうのだ。
新宿駅にも直通でわずか1時間くらい。
渋谷にも直通リムジンがある。
その交通の便のよさに驚く。

そんな交通の便の良いのにも関わらず
中心部にはまだまだ空き地があり、緑も多かった。

その交通の便の良さ、環境の良さにて
住まい手はこの地を選び家を建てることを決めたのだった。



まだ、現在は実施設計中。

2階に生活の中心部を配置しその周りを広いウッドデッキで囲む。
そこではブランコがあったりハンモックがあったり、
夏はプールも置きたいとのこと。
またご主人の趣味の日曜大工も家族が見えるところで楽しみたい。と、
夢は今から膨らむ。

2階の建物の中も大きな空間がで〜んとワンルーム形式である。
風が縦横無尽に吹き流れるようになっている。

2階なので周りからのプライバシーは保たれながらも、
カーテンなんかいらない開放的なワクワクする暮らしがきっとできるはず…

楽しみだ…




P1020753.jpg


P1020747.jpg



P1020750.jpg


P1020748.jpg









 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:プロジェクト, 10:28
-, -
新プロジェクト:光と風をつかまえる平屋の家in今治
新プロジェクト:今治の家
 光と風をつかまえる現代和風の平屋



  P1020252.jpg


  P1020802.jpg


  P1020799.jpg


  P1020253.jpg


   
この家は今治市の中心部に位置している。
現在の家の老朽化のための建替え。

ご希望は明るく風通しの良い家にしたいこと。
コンパクトな平屋でありながらもゆったりと暮らしがしたい。
現代和風にしたいこと。

現在の家は街中であるため隣地の建物も高く、囲まれている。
また現在の家が大きいことと古い形式の間取りのために
各部屋に光が入りずらく風通しも悪く建替えに至った。

現在は解体工事に入ところ。

また追々お知らせいたします。

 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:プロジェクト, 17:56
-, -
新プロジェクト:コンパクトな敷地に建つコンパクトな家・今治市
新プロジェクト:
  コンパクトな敷地に建つコンパクトな家 in今治


   

     P1020775.jpg

   
  P1020761.jpg

   
   
  
この家は今治市の中心部から15分くらいの郊外の住宅地に位置しています。
現在の家は30年以上経ったものの建替えです。

ご希望は現在の家が少しの地震や風でも揺れるので不安があるので
これに対処して欲しいとのことです。

また今の家が小さな部屋の集まりなので、ゆったりと明るい生活環境で暮らしたい。
とのことでした。

また敷地面積は31坪と少々コンパクトでありながらも、
車を2台駐車させたい、バイクも停めたい。とのことでした。

すでに地鎮祭・建前等は終了し工事中です。







 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:プロジェクト, 17:02
-, -
シンプルに住まう子育て世代の自然素材の家in新居浜
プロジェクト:新居浜の家 in 新居浜
 シンプルに住まう子育て世代の自然素材の家
 

 
 この家は新居浜市郊外の大きな公園に近い自然環境に恵まれた
造成地の一角に位置している。

出来るだけ収納スペースがいらないようなシンプルな生活を
望む子育て世代の住まい。

また自然素材はもちろんのこと、断熱・湿気対策等もおこない
健康な家づくりとなっている。


   児島邸西立.jpg


  児島邸南.jpg



工事は既に棟上等は終わり、現在外壁工事等を行っている。


 P1010979.jpg
               地中梁も適切に配した基礎工事


 P1020016.jpg
                          棟上げ



 P1020019.jpg



    P1020021.jpg




 P1020115.jpg
             外部木部の色決め風景
             今回は明るいナチュラルな色に決定

 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:プロジェクト, 11:01
-, -
新プロジェクト:IH有料老人施設
新プロジェクト:IH有料老人施設 in今治
    <有料老人ホーム&デイサービス>

この施設は今治市中心部にほど近い住宅地に位置しています。
1階はデイサービス 2階に有料老人ホーム となっています。

     
イラスト西.jpg


イラスト北.jpg



すでに地鎮祭、地盤改良と終わり現在基礎工事に入っています。

P1010134.jpg
               この日はとても暑い日でした。



   P1010170.jpg
             この日も暑い一日でした。
    ただ雨の日が多く間隙をついての工事でした。


P1010217.jpg
   

 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:プロジェクト, 18:56
-, -
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治


二回目の建前も数日前に終わり全体の形が見えてきました。

P1010216.jpg
写真では全景が映しづらく分かりづらいかもしれませんが、
とてもいい感じです。

二階になっているところが庫裏(住居部分)です。


R0010655.jpg
解体前の庫裏及び書院です。
建て替え後はかなり平屋の部分を多くし高さを抑えています。





P1010193.jpg
                      庫裏部分の建前



P1010194.jpg
      書院部分の玄関部屋根工事 銅板を葺いています。
      奥では瓦工事   



    P1010199.jpg
                 書院(平屋)内部


P1010209.jpg
                庫裏・2階部分 瓦下地工事


P1010208.jpg
                     書院部分瓦工事



P1010214.jpg
                     書院部分瓦工事

和瓦が綺麗ですね。
ちょうどバックに夕日を浴びてとても美しいです・笑

久しぶりにこんなに多く瓦を葺いています。
なんか嬉しいですね・笑

 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:プロジェクト, 17:06
-, -
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治
新プロジェクト:庫裏・書院建替え供in今治
   
   <明るさと風を呼び、湿気よさらば>


南上から.jpg
 手前の建物が今回工事の書院(平屋)と庫裏(2階建て)です。   



立面北.jpg


 寺院関係は二件目ですが、
今までの歴史と次への未来をつなぐ現在を創ることで、
とても重みを感じます。

 今回は既存の書院と庫裏(住職ご家族が住むところ)を
建替えるプロジェクトです。

 建て替え前の庫裏は中心部には光と風が全然届かず、
うす暗く、ジメジメとカビ臭く、ムカデも度々出てくるというような
状況でした。

 そこで今回は書院と庫裏とを平面的に明確に分けその部分に中庭を広く取り
そこから明かり・風を出来るだけ採り込む手法を使いました。

 それにより大きな建物でもどの部屋も明るくジメジメ感がない、
爽やかで快適空間を創ろうとしています。

  またそれぞれのスペースを明確に分けることにより
それぞれの動線が交差することなく使い勝手が良く、
また住居部分のプライバシーを保ちながらの生活が可能となります。

 併せて素材も出来るだけ長持ちのする無垢材をより多く使用しています。
無垢材は完成してから長年掛ってじわじわと味が出てきます。


 もうすでに、解体も 終わり基礎工事を行い、一回目の建前も終わっています。
というのは、敷地と建物の大きさの関係で二回に分けて建前を行うこととなりました。

 二回目の建前は来週の予定です。
今年の夏は雨の日が多く大変です!


P1010072.jpg
        解体した庫裏の瓦の一部です。大きいですね。


P1010070.jpg
           基礎も半々にに分けてつくっています。

    P1010130.jpg
             書院部分(平屋)建前です。

P1010184.jpg
               現在は書院部分の瓦工事中です。


 来週の庫裏部分の建前が終わると全景が概ね見えるので楽しみです。



 以上すでに工事も進んでいますが、
新しいプロジェクトの紹介をさせていただきます。

 なお今回の設計は石丸真智子さん女流建築家とのコラボで行いました。
彼女は信頼のおけるとても素敵な友人です。


     ありがとうございます。

     井上昌樹/螢肇浩澤

   









 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:プロジェクト, 18:24
-, -
新プロジェクト:あさくらの家
JUGEMテーマ:アート・デザイン
新プロジェクト朝倉の家 in 今治
              <コンパクトな生活の出来る
平屋>



◆敷地面積 : 375.66
◆床面積   : 103.16 (31.2坪)


今回のお客様は
もう3〜4年くらい前になりますか。
私共で設計監理した住まいの見学会に初めて参加頂き、
以来、何件か完成するたびに実際の建物を
見学・体験され現在に至っています。

南條邸西.jpg


この家は今治市郊外の朝倉に位置した建物。
すでにお子様は社会人となり結婚もされ独立しておられる。
通常はご夫婦二人が住む家である。

そこで要望も大きな家でなくていい。
子供たちが帰って来るときのために一部屋予備室があればいい。

今後の生活を考えると
生活がシンプルにコンパクトに出来る家に住みたい。
ただ、のびのび生活が出来るようになればいいな。とのことでした。

そこで、”コンパクトな平屋” を提案。

また、間仕切り壁を完全に開放できる障子を活用することで、
よりのびのび出来る空間を創ろうとしています。


すでに地鎮祭も終わり現在基礎工事を行っています。

P1010028.jpg












 
author:井上昌樹 (ウッディー), category:プロジェクト, 14:38
-, -